にきび予防は肌の外側と体の内側から行ないます

バナー

にきび予防は肌の外側と体の内側から行ないます

にきびは出来てから治すのではなく、予防してできないようにすることが肌を綺麗に保つためにも大切な考え方です。

にきびを予防するために大切なことは、洗顔と保湿です。

洗顔は、ニキビを出来ないように予防するためには大切なことで、にきびができない環境を作り清潔さを保つことに努めます。

洗顔は夜だけではなく、就寝中にも皮脂が分泌されるため、朝も刺激物が配合されていない無添加の洗顔料を使用して洗顔します。

洗い過ぎは禁物です。

洗い過ぎると必要な皮脂を取り除き過ぎるため注意が必要です。

洗顔した後には、にきび予防には欠かせません。

保湿することは、様々な菌や汚れから肌を守るバリア機能を作ります。

保湿せず肌が乾燥した状態であると、バリア機能が失われ乾燥肌や敏感肌になり、ニキビ菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

にきびを予防するためには乾燥肌を改善する必要があるのです。

iemo情報は必ず役に立ちます。

洗顔後には保湿成分がたっぷりと含まれている保湿クリームなどを塗ります。洗顔や保湿など外側からニキビが出来ないようにするだけではなく、生活も変える必要があります。
特にストレスと睡眠不足の解消です。
ストレスは皮脂分泌量を増やすことに繋がり、ニキビが出来やすくなります。
ストレスを感じる場合には、スポーツなどで発散することが必要です。



チョコレートなど甘い物やお菓子などを食べてストレス発散することは避けます。

また、夜寝ている間に肌は修復します。

睡眠不足だと肌の修復ができないため、ニキビができる原因にもなります。

ニキビを防ぐには、スキンケアなど外側だけではなく、体の内側の改善も大切です。