にきびが予防できる栄養素

バナー

にきびが予防できる栄養素

忙しい日々を送っていると生活習慣が乱れてにきびができることがあります。

にきびはできると長期化しやすく、悪化するとにきび後になることもあるため、予防してできないようにすることが大切です。
予防するにはスキンケアの改善を試みますが、実は偏った食事などを見直して、にきびの予防に必要な栄養素を積極的に摂取することで予防することも可能なのです。
にきびができることを防ぐ栄養素は、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ミネラルなどがあります。



ビタミンAは、ニンジン、ほうれん草などに含まれ、毛穴の詰まりを解消して肌のターンオーバーを促します。ビタミンB2は、卵や乳製品、レバーなどに含まれ、角化を調整して皮脂の分泌を抑制し、肌を正常な状態に保つことができます。

ビタミンCは、緑黄色野菜や果物に含まれ、コラーゲン線維の生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用などがあります。

ミネラルは、チーズや牛乳にカルシウム、牡蠣などに亜鉛、昆布などにマグネシウムが含まれ、ホルモンバランスを整え肌のターンオーバーを促進します。

ニキビを作りやすい食べ物もあり、動物性脂肪や糖質の過剰摂取やコーヒーなどに含まれるカフェインはビタミンB群の吸収を低下させるため、ストレスにならない程度に控えることも必要です。

ロケットニュース24に関してとにかく簡単に調べられます。

ニキビを予防するメニューは、鍋やスープが良いです。

水溶性のビタミンCや生だと体を冷やす野菜などが効率よく摂取できます。また脂溶性のビタミンAはオイルで炒めると効率よく吸収でき、体に蓄えることができます。

ニキビを防ぐには洋食よりも和食を積極的に摂ることが良い選択とも言えます。